So-net無料ブログ作成

家電エコポイントのために並ぶ! [日常]

昨日の家電屋さんは凄い人だったんだろうなー。
私は先々週にテレビを購入。3台も。
昼頃行ったのに、30分待ちだった。
3時過ぎには1時間待ち。まだまだ伸びてたなぁ。

そんなわけで購入したのは11月中旬ってことになるんだけど、お届けは12月29日(笑)。
土日がいいんですが・・・と言ったら「1月2日お届けになります」って返された。
配達の人、年始休みナシですか!?
というか、一ヶ月以上のTV待ちって。
TVの種類によっては来年2月まで入荷待ちとか。
全然不況じゃないよー。
タグ:日常

科目試験を受けていた場所 [日常]

友達と会うための待ち合わせの駅。いつも科目試験で受験地として選択していた場所でした。
通勤で通過するだけの駅。久しぶりに途中下車。

前回降りたのは8月試験だったので3ヶ月以上も前。
いつも降りてすぐ受験会場直行だったんだけど、今日は駅周辺を探索しました。
どこかいいお店でも? と思っても、知っているのは試験会場までの道のりにある店のみ。
あー、こんな町だったのねー、と今日知りました(笑)。

ほぼ毎月通っていたからなー。
だけど3ヶ月ここに来なかっただけで随分久しぶりな気がした。
そして、もう通うことは無いんだなぁと思うとちょっぴり淋しい気も。
通信大学の思い出の町は「自由が丘」だけじゃないんだね。

産カン試験、写真4枚! [産業カウンセラー試験]

申込用紙も届いたし、申込み期間もスタート。
さて書類をそろえるかなーと見てみたら。

証明写真4枚必要!

申込書も2部コピーしろ、とな。
・・・そんなの初めてだよ。申込書合計3部必要なら、そちらで用意するものでは?
コピーしろって・・・いいんですか、そんなんで。
コピー用紙だって再生紙の人もいれば薄い紙の人もいると思うんだけど。そんなばらばらなのを保管しておくんでしょうか・・・。
それに3部も。なんか個人情報どこまで分散させるんだー、とか思ってしまった。

申込用紙はなんだか履歴書みたいだし。
職歴やカウンセラー資格を書く欄が。
私はカウンセラー経験も資格も全く無く、職歴も学校卒業以来一社のみなのでほとんど書くことは無いんですけどね。

入金も学科&実技なので3万円以上。
これは一回で受からないと多大な出費だなぁ。
申し込む前からかなり憂鬱かも。

リポート他、大学関係の書類を整理 [通信大学・日常]

大学関係の書類を整理し始めてます。
今日はリポートの解答、問題集、記述しきりポートを処分。
ホチキスの針を取って紙ゴミとしてまとめましたー。
相当量だった。ふーっ。

一番はじめて出したリポートは2年前だからねー。
すっかり忘れてる。

大量のリポートを集めて眺めてみると。科目によってページ数がかなり違うんだね。
8ページ(2枚分)のもあれば16ページ(4枚分)と厚みのあるものも。
記述式リポートは枚数はそんなに変わらず。

あと履修科目登録の書類や、入金記録。
なんと、入学式の目次も。よく持ってたよー。

大学関係で残っているのはテキストと、科目試験の問題と、スクーリングで書いたノート。
これはのんびり整理かなー。

「ヒトはなぜ、夢を見るのか」 [夢解釈]

ヒトはなぜ、夢を見るのか (文春新書)脳科学から睡眠へのアプローチ本。
脳神経学、大脳生理学系の基礎知識がないと難しいかな? 説明が深くなりすぎなところは斜め読みしてしまった。

とにかく全般的に科学一筋。
季節によって睡眠時間が変化していくってことから、魚・カエル・鳥・ネコ・・・いろいろ動物たちは夢を見るのか(夢を見る催眠脳波になるのか)? という説明も。
わざと眠らせない状況を作ったときの脳の状態、夢を見ていると思われるときの眼球運動、脳のどの部分で夢や幻覚を見ているのか、睡眠障害について、などなど。
心理学・夢分析なんてまーったく出てきません。

というか「夢」というのは過去の経験を整理して出てきているだけ、だそうです。
夢は誰もがみんな見ている。脳波や眼球運動で認識されいてる。夢を見ないというヒトはただ覚えていないだけ。なぜなら記憶する機能部分が夢に関しては働かないから。
飛んだりする夢は普通のヒトでは過去に経験しませんが、「お酒に酔ったときの微妙な浮遊感+俯瞰図や航空写真といった上空からの景色」という記憶が結びついて起きるらしい。
・・・それはなんだかユメが無いなぁ、とか思ってしまった。

脳なので、結局のところ電極つければ幻覚も見れてしまうわけで。
脳機能が壊れれば夢も見られず。
金縛りは筋肉弛緩と意識覚醒の乖離が原因だし、悪夢とPTSDの関係とかも書いてある。
『夢』を勉強する上で睡眠は重要事項だけど、やっぱり脳科学は難しい・・・。
タグ:読書 夢解釈

テキスト全部 [通信大学・日常]

s-101107_132512-1.jpgこれで全部です。
棚にギュウギュウ。
これどうしよう。

リポートも問題、解答ともに保管してある。
もちろん科目試験の問題も。
スクーリングに出たとき必死に書いたノートも、大学と申込みや振込みしたときにやり取りした書類も残っている。

しばらくとっておこうかなとも思うんだけど、このスペースは勿体無い。
まずはリポート捨てるかなー。
科目登録用紙の控えも捨てちゃえ。
あとはもう見ないと思われるテキスト。・・・評価が悪かったヤツとかさ(笑)。
科目試験の問題も処分かな。
・・・苦労したから捨てるには忍びないけどね。

産カン試験、学士受験OK [産業カウンセラー試験]

産業カウンセラー試験で学士受験をするには判定を事前にしてもらう必要があるので、成績証明書と卒業証明書を送ったのが一ヶ月前。
やっと結果が郵送されてきました。
当然OKなのですが。

一ヶ月・・・。長いよー。
10月卒業の人が殺到したのかな?
もしまだの方がいたら早く送ったほうがいいですよ。

で、今度は「受験要領」請求でまた申請書を送った。
どうせなら判定用紙といっしょに送ってくれればいいのに。
受験要領が届いたら、やっと受験申込み。
こんなにゆっくりな書類のやり取りで申込み間に合うんだろうか。

「夢分析初歩」ちっとも初歩の内容ではない [夢解釈]

夢分析初歩

夢分析初歩

  • 作者: 東山 紘久
  • 出版社/メーカー: ミネルヴァ書房
  • 発売日: 1993/03
  • メディア: 単行本

全然「初歩」という内容ではなかった。「中級」レベルかと。
フロイト、ユング、ゲシュタルトの基本的な用語が注釈もなくたくさん出てくる。
フロイトの精神分析や性衝動に基づいた夢分析、アニマ・アニムスといった普遍的無意識のユングの夢分析、「いま、ここ」を重視するゲシュタルト的夢分析。この辺りが分かっていないと、この本を読むのは難しいかも。

この3手法の解釈の違い、3手法をブレンドした著者が行う夢分析の実際が例題夢に沿って書かれている。
臨床心理を学ぶ学生の夢というのもあったけど、基本的にはカウンセラーの元に通っている心理療法を必要としたクライアントの夢。
脅迫症や妄想・幻聴といった症状を抱えたクライアントがどういう夢を見て、どう症状が緩和されていったか、という過程が書いてある。
現実では問題のある行動を夢に見る(夢へ返す)ことで、症状が減るんだそうです。

文章も硬く、心理学講座のテキスト、と言えるくらい。
ただクライアントから夢の話を聞いたとき、著者が分析をどう進めていくか、どういうキーワードを重視して話を深めていくかが良く分かった。
最終的にはクライアントが語っているときの表情やしぐさを見ることと、カウンセラーの直感が頼りなんですが(笑)。
分析法も一つに固執するのではなく、夢によってゲシュタルトにしたり、敢えてフロイトを避けたりという感じ。
たまーに友達の夢を聞いて自分流に解釈していますが、進め方のお手本になりそうです。
タグ:読書

「アタマにくる一言へのとっさの対応術」 [読書]

カチンとくる一言を言われたとき。根拠の無い批判や、皮肉を言われたとき。アタマにくる一言へのとっさの対応術 (SB文庫)
気の利いた一言を言い返したい。相手をやり込めたい。いわれたことは100倍にして相手にダメージを与えたい。
そう思ったことはありませんか?
そんなときの対応策が書いてあります。

・・・というか、そんな対応策は無いって書いてあります。
相手の言葉に反応した時点で、それまで自分がやっていたことが中断、相手の土俵に乗ってしまったということ、だそうです。
いかに感情的にならずやり過ごすか、その方法が挙げられている。

 ・空回りさせる
 ・論点をはぐらかす
 ・追い払う
 ・冷静に事実を述べる

と、他にもあって全部で10種類以上。
これを全部マスターしましょう、というわけではない。この中で自分が使いやすいと思ったものをまずは実践してみましょう、というスタンス。
私は「冷静に事実を述べる」「ふーん、へー、と一言だけ返す」辺りかな。

実際の生活で言われた皮肉に対して「あの時こう言い返せば良かった!」とよく後悔することがある。
でも、本書冒頭に

「映画やドラマの主人公のように皮肉に対してとっさに格好良い切り替えしなんか出来るはずはない。あれは脚本家、監督が何日もかけて練り上げて出てきたセリフなのだから」

というのがとっても納得。
言い返すことが出来ないのが普通なんだよね。
だったら相手の挑発にのらず、気にしないのが一番ってことなんでしょうが、それが一番ムズカシイ・・・。
タグ:読書

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。